クレジットカードのキャッシングを利用できないケース

クレジットカードでキャッシングサービスの利用ができないケースがあるとすれば、どのような場合に発生するのでしょうか?以下のようなケースでは利用ができないようになりますので注意してください。

利用できない時間帯だった

クレジットカードはどの場合でもその契約先ATMの利用条件に沿った運用となりますので、店舗によって利用できる時間帯とできない時間帯が発生します。

そのことについては、実際に利用されるコンビニ行ってATMの運用状況をご自分の目で確かめるのが一番いいかと思います。例えば有名なのは楽天カード。

セブン銀行で利用する場合は23:50~0:10分まで利用できないのです。このように利用可能な時間帯などが決まっているケースがあるので、詳細はカード会社のサイトで調べるなどをして対処しましょう。

限度額超過

これは、当たり前のことになりますが、クレジットカードではカード利用限度額が設定されています。ショッピングとキャッシングのそれぞれに利用限度枠があります。

それに準じた利用金額がキャッシングで借入できる限度となります。が、ショッピングが利用限度額をすでにオーバーしてしまった場合など、キャッシングが利用できないケースがあります。

限度額をオーバーしてしまうようなケースに遭遇した場合は、キャッシングの利用が停止されてしまいます。もちろん停止といっても金融事故などではないので安心してください。

理由が分からない場合はお問合せ

ご自分でもなぜキャッシングサービスが利用できないか理由が不明な場合は、疑問に思ったまま放置せずに必ずカード会社へお問い合わせをするのがいいと思います。

もしかしたら、想定外の出来事が起こっていてご自分の信用を落としてしまっている場合も考えられます。利用できないのには必ず理由があるわけですので、早期に状況把握をして対処するのが一番だと思います。

キャッシング利用をコンビニで行うことができることはご理解いただけたかと思います。全国各地にコンビニはたくさんありますので、便利な使い方をうまく活用できれば十分なメリットを享受できると思います。